男子校だからこそ茶道教育(男子校)藤嶺学園藤沢中学校

2018/08/29

男子校だからこそ茶道教育

日本の伝統文化について質問されて、詳しく答えられない

日本人も多いのではないでしょうか。

西洋文化の勉強が中心の今までの教育ではそれもそのはずです。

「日本を知り、アジアを知り、世界を知る。」

「国際社会で必要とされる日本人としての意識を培う。」

これが藤嶺藤沢の茶道教育のコンセプトです。

茶道の授業は毎週1回、5年間行われます。

指導は大日本茶道学会より先生をお招きしています。

中1生は慣れない正座に四苦八苦ですが、5年間指導を受けた高2生は

凛々しい姿でお茶を点てます。

中学卒業時は卒業茶会、高校2年終了時には修了茶会が

それぞれ保護者の皆様をお招きして開かれます。

成長したご子息の姿に目を潤ませる方もいらっしゃいます。

茶道というと、女子教育には多く取り入れられていますが、

男子校では珍しいと思います。

物を大切にする心、規律の正しさ、節度ある人と人との接し方

そしておもてなしの心。

今、日本の男子に求められているものが、茶道教育を通して

体得できるものと考えています。

【news】

2015年、創立100周年記念事業の一環として

人工芝のグラウンドと学生会館がリニューアル!

藤嶺100周年記念資料室、茶室、陶芸室、武道場、食堂・カフェのほか

研修や宿泊もできる施設も併設されました。

<<戻る